未分類

【安く買う方法も解説】DHTを抑制できるのは2つの有効成分!

昭和世代では薄毛に関しての研究が進んでおらず、カツラでごまかしたり、髪の毛に良いとされる食品を頑張って食べる程度しか対策がありませんでした。

しかし現代では、薄毛が病気として認識され、原因が究明されてきているため、具体的な対策をとることができます。

インターネットを調べれば、男性の薄毛のほとんどのケースはAGA(男性型脱毛症)であり、その原因はDHTという物質であることが複数のサイトで書かれていると思います。

では、薄毛の原因を引き起こしているDHTとはどんな物質なのでしょうか。

本記事では、あなたが薄毛を克服する上で、きちんと原因を把握できるように、DHTの概要から発生を抑制する具体的な対策までをできるだけわかりやすく解説していきます。

最後までお読みいただくことで、あなたの薄毛の原因をしっかりと理解した上で対策に取り組むことができます。

はじめにお伝えしておくと、あなたの薄毛がAGA(男性型脱毛症)であれば原因はシンプルで、必ず改善することができます

DHTの概要

DHTとは、ジヒドロテストロンのことで、男性ホルモンであるテストステロンの一種です。

DHTはテストステロン5α-還元酵素(5α-リアクアーゼとも言います)が結びついてできます。

AGAの原因物質とされているため、人体に有害なイメージをお持ちかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

本章で、詳しく説明していきます。

テストステロンの概要

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。

学生時代に保健の授業でも聞いたことがあるかもしれませんが、主な作用は以下の3点です。

  • 筋肉の増大
  • 骨格の発達
  • 体毛の発毛

男性が女性に比べて筋肉がつきやすかったり、骨格がゴツゴツしているのはテストステロンの働きによるものです。

また、男性の体毛が女性に比べて濃く太いのも同様にテストステロンの働きによるものです。

ただし、あなたも知ってのとおり、男性ホルモンという名前ですが、女性の体にも存在します。

量でいうと男性の体内で分泌される量の5~10%ではあるため、男性的な特徴がそこまで強く出ることがありませんが、一番わかりやすいところとしては、陰毛の発毛がテストステロンの働きによるものです。

余談ですが、テストステロンが女性にの体内でも分泌されるため、男性と同じようにAGAの症状が出る女性が増えているようです。

DHTの働き

では、DHT(ジヒドロテストロン)とは人体に対してどのような働きをする物質なのかを解説していきます。

ジヒドロテストロンには薄毛を引き起こす働きとともに、生殖器の形成を助ける働きもします。

DHTを抑制する効果を持つフィナステリドは女性への投与を絶対禁止とされていますが、この背景には、摂取や体内に残留したフィナステリドが胎児のDHTを抑制してしまうことで、生殖器を中心に通常であれば発育すべきところが遅れてしまったり、不十分になってしまう可能性があるためです。

AGAの原因

冒頭で、DHTはAGAの原因物質であると説明しましたが、ここではもう少し詳しく解説していきます。

まずはAGAの最も有名な治療薬である「プロペシア」を製造しているメーカー、「MSD社」がホームページで説明している図をご覧ください。

なお、MSD社は元の名を万有製薬といい、1915年創業の歴史ある製薬会社です。

男性ホルモンであるテストステロンが5α-還元酵素と結びつくことでDHTを発生させることは前述のとおりですが、このDHTがヘアサイクルを短くしてしまうことで薄毛を引き起こします。

もう少し詳しく説明します。

ヘアサイクルとは、簡単にいうと髪の毛が生まれてから抜け落ちていくまでの寿命のようなイメージです。

DHTは髪の毛が生まれてから伸び、太くなる期間を短くしてしまう働きを持っています。

これが増えていくと、髪の毛が新たに生まれるスピードが追いつかなくなり、結果として薄毛になってしまうのです。

正しいDHT対策

DHTの対策で、現在有効性がしっかりと確認されているのは「フィナステリド」と「デュタステリド」という2つの成分のみです。

ネット上に多くの情報が出回っていますが、医学的にはっきりと根拠が示されているのはこれだけです。

AGAの研究は皮膚科領域であり、様々な治療方法が日本皮膚科学会によって検証されています。

その検証結果がレポートとして公開されているため、その内容を参照ください。

No Clinical Question 推奨度
CQ1
フィナステリドの内服は有用か?
A(男性型脱毛症)
D(女性型脱毛症)
CQ2
デュタステリドの内服は有用か?
A(男性型脱毛症)
D(女性型脱毛症)
CQ3 ミノキシジルの外用は有用か? A
CQ4
植毛術は有用か ?
自毛植毛術は
B(男性型脱毛症)
C1(女性型脱毛症)
人工毛植毛術は D
CQ5 LED および低出力レーザー照射は有用か? B
CQ6
アデノシンの外用は有用か?
B(男性型脱毛症)
C1(女性型脱毛症)
CQ7 カルプロニウム塩化物の外用は有用か? C1
CQ8 t- フラバノンの外用は有用か? C1
CQ9 サイトプリンおよびペンタデカンの外用は有用か? C1
CQ10 ケトコナゾールの外用は有用か? C1
CQ11 かつらの着用は有用か? C1
CQ12 ビマトプロストおよびラタノプロストの外用は有用か? C2
CQ13 成長因子導入および細胞移植療法は有用か? C2
CQ14 ミノキシジルの内服は有用か? D

表中の推奨度のランクは以下の通りです。

  • A 行うよう強く勧められる
  • B 行うよう勧められる
  • C1 行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない
  • C2 根拠がないので勧められない
  • D 行わないよう勧められる

AGAの治療方法として、フィナステリドとデュタステリドが医学的に強く勧められる、に分類されています。

一方で、アデノシン以外の育毛剤に含まれる成分は根拠がないとされています。

インターネット上には様々な情報がアップされていますが、根拠があって信用できる対策は、フィナステリドとデュタステリドのみであることを覚えておいてください。

ネット上に上がっている情報で生活習慣や食生活の改善は全く薄毛に影響しないのか、とあなたは疑問に思うかもしれません。

筆者の答えは、「薄毛には関係するが、AGAには関係しない」です。

薄毛にはAGAの他にも様々な症状があります。

中でも脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症は頭皮の健康状態によって症状が変わってきます。

十分な睡眠、適度な運動、栄養バランスのとれた食事は髪の毛が育ちやすい頭皮環境にする事ができますし、正しいシャンプー選びやシャンプーのやり方を身につける事で清潔に保つことができます。

また、喫煙は血管の収縮効果があるため、頭皮の血行を鈍らせてしまいますし、過剰な飲酒は体温を高めるため頭皮の脂を増やしてしまうことから薄毛と無関係ではありません。

これらもあなたの薄毛を治すという点では重要な情報ではありますが、DHTの対策にはならないため、本記事での解説は控えます。

もしあなたが詳しく知りたい場合は、過去の記事「【100%理解できる薄毛対策】全体像の理解と自分で取組む対策の全て」に詳細が書いてありますので、ご覧ください。

薄毛を治すには

あなたがAGAで、本気で改善しようとするのであれば、薬による治療をオススメします。

先ほども登場した「フィナステリド」と「デュタステリド」の他に「ミノキシジル」を併用した投薬が最も一般的な処方です。

それぞれの効果と注意点(使用制限)をまとめてみました。

成分名 効果 使用制限
フィナステリド 5α-還元酵素Ⅱ型の阻害 女性不可、未成年不可
デュタステリド 5α-還元酵素Ⅰ・Ⅱ型の阻害 女性不可、未成年不可
ミノキシジル 血流促進による発毛 未成年不可

ご覧いただくとわかる通り、デュタステリドはフィナステリドよりも作用範囲が広い成分です。

フィナステリドがが5α-還元酵素Ⅱ型にのみ作用するのに対して、デュタステリドはⅠ型Ⅱ型の両方を阻害することができます。

薄毛の進行を止めようと思えば、この2種類の成分でいいのですが、改善したいのであれば不十分です。

なぜなら、フィナステリドとデュタステリドは、DHTの産生を止めてくれる作用しかないためです。

少なくなった髪の毛を増やすには別の成分を用いる必要があり、それがミノキシジルです。

ミノキシジルはDHTを抑制する効果はありませんが、外用薬として頭皮に使うことで、血行を促進し、髪の毛が生えやすくなる成分です。

DHTが作られるのを抑えるフィナステリド、デュタステリドとミノキシジルが併用されやすいのはそのためです。

フィナステリドデュタステリドミノキシジルについてはその作用機序や使用上の注意点など、過去の記事で詳しく解説しているため、興味がある方はそちらをお読みください。

では、これらの薬はどのように手に入れればいいのかを次章で説明します。

有効成分(薬)の購入

これらの薬を手に入れるには2つの方法があります。

個人輸入を使用した購入とAGAクリニック受診による処方です。

買い方 メリット デメリット
医師による処方 医師によるサポートがある
薬の信頼性が高い
飲み合わせの心配がない
価格が高い
人に会ってしまう
時間や手間がかかる
個人輸入 価格が安い
国内認可薬以外も買える
人に会わずに買える
副作用への補償がない
偽物の可能性がある
全てにおいて自己責任

それぞれにメリット・デメリットがあるため、慎重に検討したい場合は、過去の記事「【10分で徹底比較】個人輸入と病院、あなたがAGA薬を買うべきはどっち?」をお読みください。

筆者が本記事であなたにオススメしたいのは、個人輸入です。

理由として

  • とにかく安く手に入る
  • 大手サイトを選べば商品に問題がない
  • 手間や時間がかからない

特に最後の手間や時間に関していえば、圧倒的に個人輸入がいいです。

筆者も平日は普通に仕事をしているため、定期的に病院に通う事は難しく、必要な薬さえわかればネットで買えたほうが嬉しいです。

先ほどご紹介した記事内にもありますが、ネットで購入する場合はくれぐれも信頼できるサイトを選んでください。

筆者が信頼できると言えるサイトは2つ、オオサカ堂アイドラッグストアーのみです。

お気をつけください。

最後に全体をとおしたまとめ

では最後に全体をとおしたまとめを記載します。

専門用語が多かったと思うので、ここでしっかりと振り返ってください。

  • DHTはテストステロンの一種
  • テストステロンは筋肉、骨格、体毛を作る作用がある
  • DHTは主に生殖器を作る作用と薄毛を誘発する作用がある
  • AGAの原因はDHTがヘアサイクルを乱すから
  • DHTは5α-還元酵素がテストステロンと結びつくことで産生される
  • DHTを抑える最も有効な成分はフィナステリドとデュタステリド
  • 生活習慣や食生活の改善はDHTを抑えることはできない
  • 薄毛を治したいならさらにミノキシジルを併用するのがオススメ
  • フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルはAGAクリニックか個人輸入で手に入る
  • 安く手に入れたいなら個人輸入がオススメ

いかがでしたか?

あなたが本気でAGAを克服したいのであれば、生活習慣や食生活の改善よりも有効成分を摂取すべきだということがお分かりいただけたと思います。

ではまた。

 

ABOUT ME
3年悩んだ若ハゲを克服した薄毛・AGAマニア
3年悩んだ若ハゲを克服した薄毛・AGAマニア
3年悩んだ若ハゲを克服した薄毛・AGAマニアです。